コロナ禍における飲食店のあり方にもの申す

在宅ワーク

Miracosta Zimone、通称 Mizi(ミズィ)です。
ちょっと今日は実際に被害に合われている方には面白くない話かもしれません。。
でも、真実に目を向ける勇気のある方。思考停止せずに他人のせいにせずに戦おうとしている方のために、私はエールを送る意味で考えをまとめておきます。

「コロナウイルスが早く立ち去ってほしい。」気持ちはよくわかります。

しかし、、、コロナウイルスが立ち去ったらお客さんは戻ってくるのでしょうか?
このコロナ禍が私達に与えた影響は一時的でなのでしょうか?

 ・企業はテレワーク(在宅勤務)に合わせたオフィスレイアウトに変化しました。
  全従業員分の座席はもうありません。

 ・制度もテレワークを前提としたものに変わりました。
  出社人数が絞られます。

 ・人によっては都心を離れて引っ越しをしました。
  そもそも住む場所が変わりました。

 ・満員電車対策も政府が本腰入れるようになります。
  時間をずらす出勤が当たり前になります。

 ・仕事帰りにダラダラと酒飲んで、寝不足でダラダラ仕事することの無意味さを知りました。
  アル中どうしの飲みは無くならないでしょうが、減りますよね。

もう次のこと。考えてますか?

国が補助してくれない。都が補助してくれない。だから、どうしようも無いから店を開ける。
周りの意見なんか聞いてる余裕はない。仕方ないんだ。。。
↑私は綺麗事なんか言いません。それでお客さんがちゃんと来るなら、そうしちゃってください。
 貴方の生活・健康・幸せが何よりも大切ですからね。

 でも国も都もそうならないこともわかってますよ。
 ルール通りやっても、ルールを違反してもどちらにしても、結果はそう変わらないんですよ。
 なぜなら、コロナはそこにあって、社会は変化しつつあるんですから。

 コロナの次もきっと来ます。

 どこの企業もこの影響を受けて変化しています。戻りません。

 守るか守らないかの2択では無いんですよ。

どんな大企業でも変化に適応せずには生き残れない

ダイエー、山一、東芝・・・有名企業がなぜなくなっていくのか?

世の中の変化に適応できなかったからです。大企業の方が変化するのは難しいですね。

でも、ピンチのときにチャンスがある。っていうのはビジネスの常套句ですよ。

大企業ではない飲食店のみなさんは小回りが聞きます。

今日から変化しようと思ったらできるんです。

役員会でプレゼンしなくてもいいんです。

ネガティブな役員への根回しや忖度はいらないんです。

みなさんが飲食店をやっているのはビジネスではないんですか?

例えば、旨いラーメン屋だったら、レビュー書いてくれていたブロガーがいるかも知れない。

居酒屋なら過去にお店を使ってくれた団体客の幹事にもう一回アプローチできる方法を探る。

顧客にNOと言われない準備をしっかりして、動き出すときじゃないでしょうか?

色々なオンラインサービス

参考になるかはわかりませんが、ヒントになりそうなオンラインサービスを並べておきます。
まずは市場調査ですよね。

オンラインガールズバー

まず最初にガールズバーです。
是非、お試しください。

オンラインで2人の飲み会!OPEN記念 10分間無料会話を3回プレゼント!
女の子が喜ぶと(秘)オプションサービス有り!! ドキドキ~
待ち時間なしで即スタートできます。
独自のアプリでZOOMなど必要なし。

筋肉食堂

渋谷に何店舗かできて、話題の飲食店です。高タンパク、低糖質が売りなので、いつか行ってみようと思っています。youtubeで宮迫さんも紹介してましたし。
飲食店舗でありながらも、コロナになる前からインターネットを使いブランディングやプロモーションを行っていました。

楽天デリバリ

出前館とかuber eatsとかもありますが、アフィリエイト広告がなかったので楽天デリバリをご紹介しておきます。

まとめ

無いものは無いのですから、望んでも無駄です。
新しいものが生まれ、それが新しい常識を作ります。
当たり前の変化であり、みんな当たり前に時間に沿って変化していきます。

時間はそうやって流れてきましたし、今後も流れていきます。
だから、変わるというよりも流れに乗るという感覚が大事なんじゃないかと思います。

これからも頑張って美味しいものを作り続けて、お客さんを楽しませてください。
太古の昔から変わらないものもあるんですよ。よろしくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました