DIY未経験者が在宅ワーク用のデスク作ってみたら、コスパ最強だったの巻

Uncategorized

Miracosta Zimone、通称 Mizi(ミズィ)です。
とある伝染病の流行により急速に在宅ワーク(テレワーク)が求められるようになりました。
もちろん、家で仕事って楽でいいですよね。でも急激な変化に戸惑いもあります。ここではそんな変化を逆に楽しんでしまおうという発想で、在宅ワークで生産性が爆上がりする「最強のコスパ机」についてご紹介していきます。

最強のコスパ机を手に入れましょう

急に在宅で仕事をしろと言われても、自宅にそんなスペースもなくダイニングテーブルだったり、ちゃぶ台のようなもので床に座ったりしがちですよね。そうすると落ち着かなかったり、疲れがたまって腰が痛くなりたり。今回はその解決策としてお気に入りデスクを購入して生産性を爆上げしましょう。ということです。

そして理想のデスクのポイントは以下の3点!
1:最適なサイズ・・・私は、幅150cm、奥行き60cmにしました
2:手頃な価格 ・・・2万円弱で希望のサイズ
3:愛着の沸くデザイン・・・マホガニーのワトコオイルで木の風合いを活かしつつ個性的に。
つまりこんな感じでオリジナルデスクを作ってしまいます。まずは写真をご覧ください。

不器用でも立派な机が作れた簡単DIY

これどうですか?って、机の部分だけですけどDIYで作ってみました。私はDIYは全くの未経験。でも多くの人は「難しくて私にはちょっと・・・」という方もいらっしゃるかと思います。ですが、心配ありません。そんな私は生まれてこの方、不器用というレッテルを貼られ続けているような人間です。
プラモデルも最後までちゃんと作れたことはありません。そんな私でも・・・やってみたら以外と簡単でした。簡単なだけじゃなくて、適度にコダワルことができて、めっちゃお気に入りのデスクが出来上がりました。ぜひみんさんにも体感していただきたい。オススメです。

DIYはスマートなのか?

スマートなソリューションをご提供するのがこのブログのコンセプトです。
DIYがスマートなのかどうか?といいますと2通りの考え方があります。
お好きな考え方を選んでください。
 ●お金を出せばデスクは買えるので、時間の浪費なのでスマートではない。
 ●デスクは拘るとかなり高額な買い物になる。安価に作るほうが自由度も高くスマートである。

私にとっては、自分で考えて自分が好きなものを作れたことは良かったです。

「最強のコスパ机」の作り方

(1)設計
 ・欲しい机のサイズ(天板の縦横)を決めます。
 ・天板のフィニッシュ(色など)を決める※
 ・脚のタイプを決める※
※詳細は下の必要なものの商品リンクのところで見繕っているのでこのまま読み進めてください。

(2)ホームセンターで天板を買う
 ・必要なサイズに切ってもらうのが前提です。のこぎりは不器用にはハードル高いですからね。
 ・私が購入したのはコレ。

(3)amazonで残りの必要なものを購入します。
  オイル、脚、鬼目ナット、紙やすり、工具
  ※こちらも必要なものは後でご説明しますので読み進めてください。

(4)板に紙やすりをかける
  240番と320番で表面を滑らかにします。

(5) 天板にオイル(またはニス)を塗る・乾かす
   私はワトコオイルを使いました。ワトコオイルは二度塗りして、
   乾く前に320番のウォータープルーフの紙やすりをかけて、
   吹き上げるとツルツルになるので余力があればぜひ。。

(6)天板にボルト接続する部分に穴を開けて(途中まで)鬼目ナットを埋め込む
   私は鬼目ナットを埋め込む前に穴に木工用ボンドを流し込んでおいて補強しました。
   全体を通じて、失敗する可能性があるのはここくらいなので、
   鬼目ナットの埋め込み方や種類などはyoutubeで調べるといいと思います。

(7)脚を取り付ける。起こす。
   ナットが埋め込まれてたらボルトをつけるだけ。もうイケアの家具よりかんたんなレベル。

そして完成!  

必要なもの

(1)フィニッシュ(オイルやワックス)
 私はワトコオイルの「マホガニー」にしましたが、
巷で人気なのは木目を生かせる「ナチュラル」や渋い風合いの「ダークウォルナット」が人気です。amazonでダークウォルナットは小さいのしか残ってませんね。1Lくらい買っておくと重ね塗りもできてきれいな仕上がりになると思います。

 ワトコオイルでフィニッシュした天板は水に少し弱いため、冷たい飲み物を入れたコップなどを置くとまーるく染みが付いたりします。それが嫌な人は油性のウレタンニスなどもありますが、匂いが強く、乾燥にも時間がかかりますので換気のできるゆとりのある環境の方であれば、良いかもしれませんね。私はコースターをおいています。

あと、スプレータイプもあったので合わせてご紹介。

(2)脚
 私はamazonで「エイ・アイ・エス(AIS) テーブルキッツ脚 奥行45cm用ハイタイプ ブラック TBK-4366ST BK」という商品を購入しました。私は幅150cm、奥行き 60cmの天板にして、奥行き45cmの脚を買いました。天板とぴったりの脚にするのもありだと思いますがそこは好みですね。

(3)鬼目ナット
 脚を木材の直接ねじ止めしてしまってもよいのですが、後で取り外しができるように板に埋め込み用の鬼目ナットを購入しました。こちらもamazonで。「CESFONJER 鬼目ナット オニメ ツバ付 家具 木工 DIY ジョイント パーツ 接合 金具 56個 (M6*15mm)」私は、25mmの板を貫通しないように、18mmくらいまで穴を開けて、この鬼目ナットを埋め込みました。補強に木工用ボンドも入れました。

いろんなサイズが安く変えますが、サイズはM6ですよ。あと長さは板の厚さとの相談ですね。

(4)電動ドライバー・ドリル
 私はDIYを将来もやっていくためインパクトドライバーでハイコーキのちょっとイイヤツを購入しました。穴をあけるだけであれば、電動ドリルでもよいと思います。

(5)ドリルビット
 購入した電動ドライバーにつけて穴をあけるためのドリルビットです。
 鬼目ナット埋め込みようの穴なので16mm~20mmの深さで止めます。
「スターエム 5B-090 先三角ショートビット 9mm」

(6)NTドレッサー
 木材の角を丸くするいわゆる面取りをするための工具です。



(7)サンドペーパー(紙やすり)
 240番と320番があれば十分です。


 器は吸水性の無いもの。(じゃないとオイルがしみ込んでしまいます。)あと刷毛は適当に塗りやすそうなものを購入してください。100均にもあります。amazonの商品だと買いすぎちゃいますね。

家で生産性を高める理由

最後になりますが、一番伝えたかった事。この机をゲットしたことで私は在宅での仕事の効率が向上しました。なんといっても自分で作ったお気に入りのデスク。また、後日ブログに掲載しますが、生産性を高める様々な機能を拡張していくことで、机に座っていることが好きになり、PCに向かい合ってさらに何かをやろうという気持ちになります。このブログもその副産物です。
 会社の在宅ワークにとどまらず、自分自身の生産性も高めることができ、新しいチャレンジを始めるきっかけにもなったので、ぜひ皆さんにも体験していただきたと思います。ぜひぜひ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました